色々なタイプがある事を知ろう

計算

高い税金で頭を抱えている法人の方も多いのではないでしょうか。資金繰りのために節税対策を行いたい、設備投資や従業員の育成等企業活動において有意義な事にお金を使いたい、そんな人におすすめな保険商品に逓増定期保険があります。逓増定期保険は、掛け捨てではなく積み立て式になるので、保険満了になるとお金が戻ってきます。そんな逓増定期保険が多くの経営者等に選ばれる理由には、この保険商品を提供している生命保険会社ごとに色々なタイプのものを提供しているという点もあります。その一例が、短い期間で多くの保険料を支払う等して、満期になるのを早めるというタイプです。これは、経営者が比較的高齢になってこのような商品を利用しようと考えた時等に向いています。その他にも、契約者に対して一時的にまとまったお金が必要になった時に貸付制度を提供する等、様々なニーズに応えられるような商品を各社提供しています。

使い方は考え方ひとつで様々

計算

そんな逓増定期保険を用いた節税対策は、考え方一つで色々な対策方法が生み出せます。その中でも良く聞かれる使い方が、従業員の退職金に備えて逓増定期保険に加入するという使い方です。迫りくる団塊の世代の大量退社の際に生じる退職金の支払いの事で頭を抱える企業が、いざその時に資金繰りが悪くならぬようの備えに利用しています。また、相続税の節税にも利用するという例が増えてきているようです。一部の資産を逓増定期保険に変える事により、相続税の算定基準を低くして節税するという方法です。この利用法は法人の他にも、ある程度の資産を持った個人の利用も一部見られます。そして、何といっても払った保険料が損金として計上出来るという事が、この逓増定期保険を利用する肝になります。損金扱いにする事により、利益幅を縮小出来るため、継続的な節税対策になるのです。これを知っていると知らないとでは、数年後の節税額は大幅に違ってきます。

各会社のオプションや独自プランも参考に

電卓と書類

逓増定期保険は昨今のニーズから、大手から中小の保険会社がこぞって取り扱っている事をアピールするようになりました。そのアピールの一環として、会社ごと独自のプランやオプションサービスも展開されています。その中でも、最近評判なのが保険料を抑えつつ節税対策が出来るプラン等です。一例を挙げると、契約後一定期間を災害補償型等や低解約返戻金型等の低めの保険料のタイプにする事で、導入の際のコストを抑えてくれるプランがあります。その他にも、逓増定期保険の契約者限定の節税対策や活用法をアドバイスしてくれる専用窓口サービスのオプション等、各社様々な形で顧客を囲い込もうとしています。それらの中から自分たちの求めているものを見つける事も、節税対策においては重要です。

広告募集中